ワイナリー

2009/10/15

ワイナリーVietti &BROGLIAご来店

先日9/7(水)に

ピエモンテ州のワイナリー
ViettiとBBROGLIAの方にイルキアッソとグッチーナにご来店いただきました。
Rimg0101


Rimg0080

手前右が Vietti の mario cordero さん


Rimg0081

そしてこちらが、

BROGLIA の DR.GIAN PIERO BROGLIA さん

お料理は、写真が撮れなかったのですが、
あえて日本の素材、舞茸やごぼうを使ったものを
イタリア料理にして出させていただきました。
大変喜んでいただけた様です。

Rimg0116


Rimg0119

ボトルと壁にサインをいただき、


Rimg0121

記念撮影。

Rimg0123


Rimg0127

グッチーナでもカフェを飲んでいただき、みんなでパチリ。

Rimg0130

どちらのお店もイタリアっぽいとお店の雰囲気を気に入っていただいた様です。

今度はピエモンテで会いましょう!

と言葉を残し、帰って行かれました。


お二人とも、とても気さくで感じの良い方でした。

おいしいワインは、良い人柄から生まれるのですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/18

ベルタワイン会の様子

先日お知らせしたベルタ社のキッコ・ベルタ氏をお迎えしてのワイン&グラッパの会。大盛況のうちに終わる事が出来ました。今回、参加出来なかった方、次回なにかあれば、またお知らせ致しますので、その時には、ぜひご参加を。
そのワイン会の写真、こちらからどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/05

グラッパの造り手と楽しむワイン会 参加者募集中!

6月のワイン会のお知らせです。

今度のワイン会は、6/12(金)ベルタ社です。
薫り高く洗練されたグラッパ(食後酒)を創り出す事で有名なピエモンテ州のベルタ社。その造り手、キッコ・ベルタ氏を「グッチーナ」「イル  キアッソ」にお招きしてワイン会を開催いたします。
キッコ・ベルタ氏には内緒のサプライズワイン会です。みんなで驚かせましょう!尚、このページをご覧になった関係者の方も、どうかキッコ・ベルタ氏には内緒にお願い致します。)
グラッパ好きの方はもちろん、あまりグラッパをご存知でない方も、この機会にグラッパの事をもっと知ってみてはいかがでしょうか?
楽しい夜をご一緒に・・・。
Bertagrappa

6/12(金)19:30〜 Guccina ¥8400(お一人様)

*グッチーナの方は、おかげさまで定員となりました。

イル キアッソの方も、残りわずかです。

参加ご希望の方は、お早めに!

*参加ご希望の方は、グッチーナ 03-3795-5587 成嶋まで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6/12(金)ベルタワイン会 22:00〜  il Chiasso

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ベルタ社と関連のあるワイン2種とグラッパ3種、おつまみ
&ベルタ氏との楽しい会話〜ピエモンテの風〜付き

¥3150(お一人様)
(お食事ご希望の方、お料理、ワインなど別途、追加注文できます。)

白ワイン
・IL FIORE LANGHE BIANCO '08 <BRAIDA>
赤ワイン
・BRICCO DELL'UCCELLONE BARBERA D'ASTi'05 <BRAIDA>

グラッパ
・FROLA GRAPPA DI MONFERRATO <BERTA>
・GRAPPA UCCELLONE '05 <BERTA>
・MAGIA DISTILLATO d'UVA'97 <BERTA>

*参加ご希望の方は、グッチーナ 03-3795-5587 成嶋まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/20

BRIDA〜ブライダのワイン会〜by成嶋

北イタリア ピエモンテ州、アスティに本拠を置くワイナリー「ブライダ」より輸出担当のノルベルト・ライニッヒ氏を迎え、3/12(金)イル キアッソにて小さなワイン会を開催しました。
ノルベルト氏は名前の通りイタリア出身ではなく、オーストリア出身の元ドクターであり、ブライダ醸造責任者のラッファエッラ・ボローニャさんと2001年に結婚。醸造&広報を担当されています。
とても穏やかな性格で、ジョークが好きなノルベルト氏、深夜にも関わらず、テイスティング中も、そのワインの背景などを熱心に説明して下さいました。

テイスティングワイン
BARBERA d'ASTI "MONTEBRUNA" 2007
2003年に初リリースされたブライダで一番新しいブランドのバルベーラ。
ラベルの文字がすべて詩になっています。(毎年変わります)
濃密で舌の上をやさしく流れる果実味。フレッシュな味わい。

 

BARBERA d'ASTI "BRICCO dell "UCCELLONE" 1500ml 2006

Briccodelluccellone

ブライダの顔とも言える看板ワイン。バルベーラを初めてフレンチオークの小樽で熟成させたこのワイン、現在のバルベーラのスタイルを確立した1本とも言える。
2006年は色々な可能性を秘めたヴィンテージであろう。

 

BARBERA d'ASTI "AiSUMA" 2004

Aisuma

ブライダのプレステージワイン。創始者ジャコモ・ボローニャ氏が、中東に旅行した時に現地のワインがあまりにも粗悪だった印象を受けた事で、その中東のワイナリーをイタリア(ブライダ)に招待し、醸造技術を伝える事になった。が、待てど暮らせど、彼らが来ない。彼らを待っていたバルベーラのブドウは過度に熟成し、とても良い状態でワイン作りが出来た。という背景のあるワイン。いわば、”偶然の産物”とも言えるイタリアで一番エレガントなバルベーラが出来上がった。
ラベルのデザインは、ジャコモ氏の唇をかたどったもの。2つ唇が有る理由として、このワインは決して1人では飲まないで下さい。あなたの大切な人と飲んで下さい。という意味があります。

 

GRAPPA "UCCELLONE" 2005

Grappa_uccellone
今年発リリースとなるウッチェッローネに使用したヴィナッチェ(ブドウの皮)100%で造ったグラッパ。蒸留は名門ベルタ社によるもの。アプリコットや桃、アンズなどの甘い風味でリッチ。
4月末限定品リリースですが、「イル キアッソ」「グッチーナ」で先行販売します。



楽しい夜でした。by成嶋

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイナリーBRAIDAの方ご来店

ドラマ「神の雫」で一躍脚光をあびたイタリアワイン、
IL BACCIALE  そのワイナリーBRAIDAの方に、
先週金曜日、ご来店いただきました。

Braida2

Braida1

この時の感想などは、「グッチーナ」「イル キアッソ」を統括マネージメントしているソムリエの成嶋が後日、追記いたします。

比較的遅い時間だったので、お隣の「グッチーナ」より「イル キアッソ」にお迎えしました。
写真は「イル キアッソ」の2階です。
「イル キアッソ」には、夜遅くても大切な方ときちんと食事をとりながら、落ち着いて話が出来る2階席があります。
大切な方を深夜でもきちんと接待したい時など、どうぞご利用下さい。
もちろん深夜でなくても大丈夫ですが。
2階のお席は密かに人気ですので、必ずご予約お願い致します。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/03/04

ワインの造り手ご来店

先日3/2日ワイナリー パイティンとエンソメチェッラの造り手の方々にご来店いただきました。

Winaly3
左側がパイティンの造り手 ジョバンニさん

パイティンは北イタリアピエモンテ州のワイナリー
アルネイス(白) ドルチェット、バルベーラ、ネピオーロ、バルバレスコと飲みやすい物から長期熟成の物まで幅広く造っているワイナリーです。
ジョバンニさんはとても内気で繊細な方でした。その人柄の良さと軸のぶれてない感じがそのままワインに出ています。最初は内気だけれど熟成される程においしくなる長期熟成されたバルバレスコのように・・・。
Winaly2
左手前がエンソメチェッラの造り手です。

エンソメチェッラは中部イタリアマルケ州のワイナリー
白赤共に飲みやすいワインを造っています。
この方は、イタリア人らしく気さくで陽気な方でした。あばら骨にヒビが入っていたそうなのですが、痛みをこらえて日本に来て下り、そして三茶の片隅のイル キアッソまでわざわざ足を運んで下さいました。
こちらのワインも造り手の人柄が出ており、イタリア人の陽気で明るい感じ、つまり開けてすぐ楽しめるワインが多く、コストパフォーマンスも良く、料理全般との相性が良いワインを造られています。

Winaly4_2
私達スタッフも大変嬉しかったです。
Winaly1
肝心のワインがはっきり写ってなくてごめんなさい。
また別の機会にきちんと写真を撮ります。



| | コメント (0) | トラックバック (0)